ビットコインとは

ビットコインについて、「謎の通貨」「相場が乱高下」「違法取引や資金、 ロンダリング、 洗浄への利用」などの言葉をすくなくと1回はきいたことはあるのではないかと思います。ビットコインはちょっと怪しい印象を抱いているかもしれません。ビットコインをひと言で表すなら、インターネットを使った「P2Pデジタル通貨」です。ある人物が2008年に、暗号技術に興味をもつ人々が集まるメーリングリストで投稿したアイデアがきっかけとなって、 この機能がつくられました。 2009年に実際にビットコインは動きだします。 「P2P 」 は対等な相手という意味です。ウェブでもメールでもそうですが、 インターネットの多くは、サービスを提供する側とサービスを受ける側である「お客」が選別され、それぞれが別々の役割をおいます。 P2Pは、それとは異なる考え方で、参加するすべてのコンピュータが同じ役割を担い、「どこにも中心がない」構造をもつことが基本です。
ビットコインなどのインターネットに代表されるデジタル・コミュニケーション技術を使ってつくられた「デジタル通貨」は、お金のかわりになる通貨です。ビットコインは 「仮想通貨」と呼ばれることもありますが、 正確ではないので これらのことから、 ビットコインは、 インターネットにつながったコンピュータが、 P2Pのやり方でやり取りしながら、私たちがふだん使っている日本円、あるいは米ドルやユーロなどといった通貨とは別の決済を提供している機能だということになります。ビットコインではだれでもコインを生みだすことができます。 時々 「民主的な貨幣をつくった」ということがいわれることもあります。ですが、これは平等ににあつかわれるのか」という疑問をもっていますし、ビットコインの設計の仕方には、問題があります。

ビットコインのアイデアを示した設計書のなかで、「信用ではなく暗号学的な証明に基づく電子的支払いシステムをつくる」と宣言しています。その問題意識はあっているのかというのが、まず最初に感じる疑問です。ビットコインは、巧みに設計されたシステムですが、最初のボタンをかけ違えているかもしれません。ただ、国や中央銀行でない者が貨幣を自分でつくりだすということには、非常に興味深くて未来の経済社会を考えるうえで、可能性があると思います。

PICKUP:ビットコインの購入・投資、価格ならBIT365